エアロバイクなスロージョギング ≪ためしてガッテン≫

2009年11月30日

上半身と下半身に分けて

  本日は23分程度の110拍/分をターゲットとするトレーニングを行いました。

 エアロバイクai  PC画面
 エアロバイクai  PC画面
  (エアロバイクaiとPCを接続し、
                エアロバイクaiデータ管理ソフト「aiターミナル」のキャプチャー画面です。)
 エアロバイクai  PC画面
 エアロバイクai  PC画面
   さて、スロトレなどの筋トレは週2、3回が効果的で多くても3回ぐらいまでがよいそうです。また、それ以上行ってみてもあまり効果がないばかりか、場合によってはオーバートレーニングとなり筋肥大どころか小さくなる場合があるそうです。
  これらは常識的になりつつありますが、ここでいつも気になる疑問に対する明快な答えが「一生太らない体のつくり方」石井直方著に記されておりましたのでご紹介いたします。日にちを変え、体の筋トレの部位を変えればよいのか疑問に思っておりましたが、この著書の中に「筋トレを毎日少しずつ行いたいという場合は上半身と下半身に分けて、毎日それらを交互に繰り返すということが可能」と記されておりました。当たり前といえばそうですが、特に高齢者の筋トレの場合、筋トレの部位ではなく、体全体で考えなくてはならないのではないのかと疑問に思っておりました。

 スポンサードリンク

 
 ■こちらも宜しくお願いいたします
エアロバイク健康情報館
 
posted by earomama at 00:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

「有酸素運動」と「無酸素運動」との境界

  本日も110拍/分をターゲットとする35分減量トレーニングを行いました。

 エアロバイクai  PC画面
 エアロバイクai  PC画面
 (エアロバイクaiとPCを接続し、
                エアロバイクaiデータ管理ソフト「aiターミナル」のキャプチャー画面です。)
 エアロバイクai  PC画面
 エアロバイクai  PC画面
  
  ところで今、「一生太らない体のつくり方」石井直方著を読んでいるのですが、面白い記述がありましたのでご紹介します。
  「有酸素運動」と「無酸素運動」との境界は意外と低く、ごく普通に生活している中高年の方の場合、110拍/分から120拍/分を超えると無酸素運動の要素が加わり始まると考えてよいそうです。
  無酸素運動下ではエネルギー源は100%糖質脂肪は一切消費されませんので、息をハァハァさせて運動しても効率的に脂肪を消費されません。



スポンサードリンク


■こちらも宜しくお願いいたします
エアロバイク健康情報館
posted by earomama at 23:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

110拍/分をターゲット

  本日は35分の110拍/分をターゲットとする脈拍設定トレーニングを行いました。

 エアロバイクai  PC画面
 エアロバイクai  PC画面
 (エアロバイクaiとPCを接続し、
                エアロバイクaiデータ管理ソフト「aiターミナル」のキャプチャー画面です。)

 エアロバイクai  PC画面
 エアロバイクai  PC画面

  ところで、上記の「110拍/分をターゲット」という意味をご説明します。
これは、ゼロ・ツゥ・ピーク法において、私の年齢で運動強度65%の脈拍数を意味します。このパーセントは減量トレーニングの運動強度です。詳しくは以下の数式で示されます。

最大心拍数(220-年齢51歳)×65%=110拍/分

ということです。
  また、「ターゲット」という意味は、110拍/分を中心に105拍/分〜115拍/分の脈拍値を維持するようにペダルの負荷値(重さ)を変化させるということです。

スポンサードリンク


■こちらも宜しくお願いいたします
エアロバイク健康情報館
posted by earomama at 23:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。